マギーズ・プラン -幸せのあとしまつ-

マギーズ・プラン – 物語の舞台は「ニューヨーク」ー。 ニュースクール大学で芸術やデザインを学ぶ生徒のためにビジネス開発のサポートをしているジョアンナ・マギー・ハーディンが作品の主人公となります。 男性との恋愛が上手くいかない、長続きしないマギーでしたが、子供だけは欲しいという願望を持っていました。 優秀な遺伝子を持つ子供を欲するマギーは、学生時代の友人ガイに精子を提供してもらおうとする等、子供を生むための行動を起こしていきます。 そんなマギーが出会ったのが、小説家を目指す文化人類学者のジョンでした。 ジョンとの仲を深めていく中でマギーは、ジョンにジョーゼットという妻がいる事や夫婦仲が上手くいっていない事を知ります。 既にガイから精子を提供してもらっていたマギーですが、ジョンからの愛の告白をきっかけにジョンとの結婚を決意します。 結婚後には、念願だった娘リリーが誕生します。 しかし、幸せな時間は長くは続きません。 結婚から3年が経つ頃には、小説の執筆に専念して家事・育児を全く手伝ってくれないジョンにマギーは愛想を尽かします。 そんな時にマギーは、ジョンの元妻であるジョーゼットが素晴らしい魅力的な女性である事を知り、ジョンをジョーゼットの元へ戻すという計画を企てます。 結婚願望はないのに子供は欲しいマギー、小説家になる事を最優先するジョン、ジョンの元妻であるジョーゼットの3人の三角関係を描くコメディー・ドラマとなっています。

2014年1月、レベッカ・ミラーの新作映画としてグレタ・ガーウィグが主演を務める事が発表されました。さらに、ジュリアン・ムーアやトラヴィス・フィメル等の本作への出演が決まり、翌2月23日からニューヨークにて撮影が始まりました。
2015年9月12日、第40回トロント国際映画祭でプレミア公開が行われました。
その後、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスが本作の配給権を獲得し、同年10月4日のニューヨーク映画祭、2016年1月22日のサンダンス映画祭、同年2月15日の第66回ベルリン国際映画祭(パノラマ部門)で上映が行われました。

恋愛映画・ドラマで高い評価を得ているレベッカ・ミラーが監督や脚本を担当。
主演のグレタ・ガーウィグのワガママなのに憎めない魅力的な演技、ジョンやジョーゼットに実力派と呼ばれる俳優・女優を抜擢する等、作品の魅力や見どころを挙げるとキリがありません。
公開・上映を行う映画館が少なかった事から、知名度はそこまで高くありませんが、作品を見た映画評論家や業界関係者からはかなり高い評価を得ています。

※このサイトは公式サイトではないといった点をご了承下さい。

Latest News & Articles

newyork-tourism

世界の大都市ニューヨークで観光しながら、リアルなオンラインカジノから本場カジノへ!

ニューヨークで撮影された「マギーズ・プラン」ですが、ニューヨークといえば何を思いつきますか? 世界の中心地とも言われるビジネスや観光のビッグシティとして、日々多くの人の流れやモノの流れがあります。 そんなニューヨークを訪れたらマストで外せない観光スポットをここではご紹介していきたいと思います! 日本人が移住している国としてトップの国アメリカ、かつロサンゼルス、ニューヨークと2番目に日本人が多い都市ともあるところなので、日本人観光客のみならず、移住してしまうくらいにポピュラーな街でもあります。 人生で一度は訪れてみたい都市ですね!